少女時代テヨン、『ランニングマン』で紙人間に・・・フラフラな姿に爆笑!


少女時代テヨン、『ランニングマン』で紙人間に・・・フラフラな姿に爆笑!
少女時代テヨン、『ランニングマン』で紙人間に・・・フラフラな姿に爆笑!

少女時代スヨン、「LIVE MONSTER」出演後に撮ったティファニーとのツーショット公開!, KARA ヨンジ「キム・スヒョン、『太陽を抱く月』の時から好きだった」, 少女時代テヨン、『ランニングマン』で紙人間に・・・フラフラな姿に爆笑!, 2PMテギョン、坊主にしたMBLAQジオに直球の質問「なぜしたの?」, “性的動画流出デマ” イ・シヨンではない根拠とは?「胸のほくろで判断できる」

少女時代のテヨンがSBSバラエティ番組『ランニングマン』のゲームを通じて視聴者に笑いを届けた。

5日午後に韓国で放送されたSBSバラエティ番組『日曜日は楽しい-ランニングマン』には少女時代がゲスト出演し、ゲームの世界を脱出するためのレースを繰り広げた。この日の最初のゲームは「ランニングパックマン」で、各チームが干潟の上で4つの関門を通過して、最短時間内に到着するチームが勝利するゲームを行った。

この日、キム・ジョングクと少女時代のソヒョンとピンクチームになったテヨンは、ゲーム開始直後から干潟に苦しむ姿を見せ、視線を引き付けた。テヨンはキム・ジョングクとソヒョンが軽やかに駆け抜けた干潟をフラフラしながら下半身に全く力が入っていない姿を披露。

続いて、最初の関門である梯子では、他チームの妨害工作にも同じチームのメンバーであるキム・ジョングクとソヒョンは無事通過したが、テヨンは梯子につかまることすらできず、すぐに落ちてしまい、キム・ジョングクの肩車で移動し、笑いを誘った。

これを見たチ・ソクジンはテヨンに「紙人間だ」と言って周囲を笑わせた。以後、テヨンは干潟の上で立つことができないほど弱い下半身の力で、サニーの下敷きになるなど泥だらけになりながらも無事に最終関門を突破した。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF