少女時代ユナ、感極まって涙・・・「メンバーを思う気持ちは強いと分かってほしい」


少女時代ユナ、感極まって涙・・・「メンバーを思う気持ちは強いと分かってほしい」

少女時代ユナ、感極まって涙・・・「メンバーを思う気持ちは強いと分かってほしい」

少女時代のユナがメンバーについて語っていた中、感極まって涙を流した。

8日に韓国で放送されたOnStyle『チャンネル少女時代』は、最終回を迎え、これまでの思い出を振り返るメンバーたちの姿が描かれた。

すべての収録を終え、個別インタビューの時間を持ったメンバーたちは、メンバーに向けてメッセージを伝えた。テヨンは「本当に(友人は)メンバーしかいないと思う。本当にありがたい。私が笑うことができている理由だ」と述べた。

ユナは「私は中間であるため、お姉さんたちにとって楽な妹になれているか、ソヒョンにとって良い姉になれているか、よくできているか分からないが・・・」と言って言葉を詰まらせ涙を流した。ユナは「いつもメンバーのことを考えている気持ちは強いってことを分かっていてほしい」と話した。

また、『チャンネル少女時代』についてユリは「メンバーたちとは仕事をする時の感じではなく、本当に長い付き合いの友人といる感じだった」、ソヒョンは「もう一度お姉さんたち一人一人の大切さを感じることができた」と感想を述べた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF