“必死に演技した”ユン・ゲサン、過去10年間の苦悩を告白


“必死に演技した"ユン・ゲサン、過去10年間の苦悩を告白
“必死に演技した"ユン・ゲサン、過去10年間の苦悩を告白

先日godでカムバックしたユン・ゲサンが、過去10年間の人生について語った。

ユン・ゲサンは男性向けファッションマガジン『Geek』と行われたインタビューで、「この10年間、歌手出身の俳優という固定化されたイメージと戦ってきた」とし「必死に演技をし、毎日が人生最後の日であるかのように生きてきた」と語った。

2004年に映画『バレー教習所』で俳優の道に入ったユン・ゲサンは同年12月、入隊を選んだ。当時、アイドル出身の芸能人で軍隊に入隊するのは、ユン・ゲサンが初めてだった。

『バレー教習所』を演出した監督ビョン・ヨンジュから「軍隊に入ったら、鏡に映る君自身の顔を少なくとも100回は見てきなさい」というアドバイスを受けたユン・ゲサンは、軍服務中の2年間、自身の顔をじっくり観察し、表情作りの練習に余念がなかったという。

ユン・ゲサンはつい先日終了したドラマ『太陽がいっぱい』で、沈着冷静に行動する一方で、前後の見境もなく突っ走るキャラクターのチョン・セロ役を務め、熱演した。

一方、ユン・ゲサンの人生と演技への苦悩が語られたインタビューは『Geek』の5月号とウェブサイトで確認できる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF