“悪い男”ヒョンビン、“優しい男”ヒョンビンに嫉妬?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第6話


“悪い男”ヒョンビン、“優しい男”ヒョンビンに嫉妬?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第6話
“悪い男”ヒョンビン、“優しい男”ヒョンビンに嫉妬?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第6話

悪い男ヒョンビンが、優しい男ヒョンビンに嫉妬し、彼らがハン・ジミンを巡り神経戦を繰り広げる姿が話題となっている。

5日に放送されたSBS水木ドラマ『ハイド・ジキル、私』第6話で、ロビン(ヒョンビン)がチャン・ハナ(ハン・ジミン)に謝罪する姿が描かれた。

ハナ(ハン・ジミン)は、ソジン(ヒョンビン)をロビン(ヒョンビン)だと勘違いし自身の気持ちを告白した。ソジンはロビンに嫉妬し、ハナから送られてきたロビンへのメッセージを削除した。

ロビン(ヒョンビン)からの返事がないことで、ハナ(ハン・ジミン)は断られたと思った。事故に遭った日の記憶がないロビンは、ソジン(ヒョンビン)が何かハナに失礼な行動をとったかと思い、「その時のことを覚えていない」とハナに話してしまう。

ミン・ウジョン(Girl’s Day ヘリ)からハナ(ハン・ジミン)が自身に告白したことを聞いたロビン(ヒョンビン)は、「思い出しました。ごめんなさい」とハナに謝った。ロビンは「僕、本当におかしな奴みたいでしょう。どうせなら悪口を言ってください。でもあの時は、本当に思い出せなかった。知っていて知らないフリをしたのではありません。今も僕はおかしな奴にしか見えないと思うけど、信じてください、ハナさん」と告白した。

しかしハナ(ハン・ジミン)は「私も信じたい。信じて、頼りにして、好きになって。私とあなたが同じ気持ちだと勘違いをしたみたい」とロビン(ヒョンビン)を見つめた後、立ち去った。

ロビン(ヒョンビン)はソジン(ヒョンビン)の行動に怒りを爆発させ、警告の映像をパソコンに残した。ソジンは憤るロビンの映像を見ながら満足そうな笑みを浮かべた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF