東方神起、ユンホ負傷で『Spellbound』活動に幕を下ろす


東方神起、ユンホ負傷で『Spellbound』活動に幕を下ろす
東方神起、ユンホ負傷で『Spellbound』活動に幕を下ろす

東方神起

が16日の人気歌謡のステージを最後にリパッケージアルバム『Spellbound』の活動を終了した。

チェック柄のシャツと黒のスーツ姿で『人気歌謡』のステージに立った

東方神起

は、まるで魔法を使ったかのように見る者の視線を捕らえた。また舞台の隅々まで使用し「パフォーマンスの帝王」らしいダンスと歌を披露した。

「Spellbound」はシンプルなシャッフルリズムの上にリズミカルなベースリフ、軽やかなエレキギター、軽快なブラスサウンドが調和したソウルファンクジャンルの楽曲である。愛する人に出会って共に過ごした瞬間、共にした些細なことが大きな意味になる経験を表現し、愛するということはまるで呪文をかけられて落ちていく魔力のようだという内容が盛り込まれている。

年明けから始まったカムバック活動「Something」に続き「Spellbound」でも完成度の高い舞台を見せ11年目の先輩らしいプロフェッショナルさを見せた。

当初のスケジュールではまだ活動予定だったものの、

ユンホ

が練習中に足首を負傷したために16日の『人気歌謡』で活動の幕を下すこととなった。また、東方神起は16日の『人気歌謡』を事前に収録していたため放送に至った。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF