東方神起、夏の大規模ファンミーティングで新曲発表に期待


東方神起、夏の大規模ファンミーティングで新曲発表に期待
東方神起、夏の大規模ファンミーティングで新曲発表に期待

東方神起

が、今年の夏に開く10万人規模のファンミーティングで新曲を発表する期待が高まっている。

東方神起の所属事務所であるSMエンターテイメントの日本法人SMエンターテイメント・ジャパン代表取締役・南昭英(ナム・ソヨン)氏が行った韓国メディアとのインタビューの中で、同メディアは、東方神起が「夏に大型ファンミーティングを開き、新曲を発表、全盛期の栄光を取り戻す覚悟だ」と伝えた。

東方神起は、先週終えた全国ツアー中に、今年6月末から7月初頭に掛けて、日本公式ファンクラブ「

Bigeast

」の会員を対象とした、ファンクラブ再始動後初となるファンクラブイベントを開催すると発表した。会場は、今回のツアー会場としても使用したさいたまスパーアリーナと、他のアーティストもコンサートで使用する神戸ワールド記念ホール。計4日間の日程で、10万人を動員するツアー並みの規模だ。

同メディアによると、この超大型イベントは、15万人いるという「Bigeast」の会員の多くが、今回のツアーチケットを購入できなかったため開催が決まった。

東方神起は、今回のツアーでは、初公演となった横浜でのライブで新曲「

STILL

」(2月14日リリース)をサプライズ発表し、生披露した。韓国の複数のメディアは、ツアー後、東方神起は韓国でしばらく休暇を取り、新アルバムの準備に取り掛かると伝えている。

ツアー終了から6月末のファンクラブイベントまでは、2カ月以上の期間があり、この間に新曲、アルバムの用意を進め、ファンクラブイベントの中で発表する期待が高い。

(写真:SMエンターテイメント)

関連記事:

東方神起、日本史上最大の10万人動員ファンイベント開催発表

東方神起、男性ファン0.1%から7%に激増 SMジャパン代表「“Why”効果」

東方神起、東京ドーム3DAYSで16万5千人動員!=海外アーティスト史上11年ぶり3組目

東方神起、ここ3カ月間は4日に1回のライブ漬け

【写真】東方神起・京セラドーム公演:ユンホ&チャンミンのステージ写真

「東方神起」記事一覧ページ

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF