東方神起、新曲「ANDROID」でグーグルの“ドロイド君”とコラボ?


東方神起、新曲「ANDROID」でグーグルの“ドロイド君”とコラボ?
東方神起、新曲「ANDROID」でグーグルの“ドロイド君”とコラボ?

東方神起

が7月11日リリースする新曲「

ANDROID

」と、グーグルのスマートフォン用プラットフォーム「ANDROID」のキャラクター”ドロイド君”がコラボしたイラスト画像が、ファンによって作成された。

スマートフォン用プラットフォームとして普及している「ANDROID」と、今回発売が発表された東方神起の新曲名が一致しているため、ファンはすぐにこのコラボを思いついたようだ。

関連記事:

東方神起、ニューシングル『ANDROID』7月発売決定! 1年ぶりのダンス曲

グーグルの「ANDROID」のキャラクター”ドロイド君”は、黄緑色のロボット。キャラクターには正式名称がないため、日本では“ドロイド君”の愛称で親しまれている。

ファンは、大きなドロイド君に、東方神起の

ユンホ

チャンミン

が子どものように飛びつくイラストを描いた。イラストのドロイド君は、東方神起とのコラボを意識してか、「TVXQ」(東方神起の英語名)の頭文字「T」もお腹に付けている。

東方神起の日本35枚目シングル『ANDROID』のタイトル曲として収録される新曲「ANDROID」は、昨年7月にリリースした「Superstar」以来約1年ぶりのダンス曲。同シングル自体は今年3月にリリースした『

STILL

』に続く今年2枚目のシングルで、B面には新曲「BLINK」を収録する。

一方、東方神起の新曲「ANDROID」とグーグルの「ANDROID」とのコラボは、非現実的なことでもなさそうだ。世界の検索エンジン市場で一位のグーグルだが、韓国ではNAVERに大きく差をつけられている。さらに、「ANDROID」を搭載するスマートフォンを最も生産しているのが韓国のサムスンだ。

グーグルは、検索エンジン市場においても、スマートフォン市場においても、韓国との協力が重要になっている。この韓国との協力で目をつけているのが、韓流ブームを押し上げているK-POPで、つい先日には、グーグルのソーシャルネットワークサービス「Google+」に、K-POP専用のページ「K-POPハブ」を開設。また、米カリフォルニア州のグーグル本社で、2万以上が参加した「

MBC Korean Music Wave in Google

」を開催し、その様子を全世界にユーチューブで生中継した。

関連記事:

会場2万2千人+生中継で世界のファンが熱狂! K-POPグーグル公演

K-POP界でも最も人気のある東方神起と、韓国の検索エンジン市場、世界のスマートフォン市場戦略を進めるグーグルが、共通して持つ「ANDROID」で意気投合するかもしれない。

(写真:GESOMOON.COM)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF