東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる


東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる

東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる

東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる

東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる

東方神起、SHINee、BIGBANG、米・Rolling Stone誌による「歴代最高のボーイズバンドソング ベスト50」に選ばれる!世界トップアーティストと肩を並べる

全米で最も権威のある音楽誌「Rolling Stone」が発表した「歴代最高のボーイズバンドグループソング ベスト50」に、韓国K-POPアーティストも選ばれ、注目を集め話題となっている。

米・現地時間24日、「Rolling Stone」は、世界のボーイズバンドグループがこれまでに発表した楽曲の中からベスト50を選び発表した。

そのベスト50には、SHINeeの2012年リリース「Sherlock」、東方神起の2008年「呪文(Mirotic)」、BIGBANGの2012年「FANTASTIC BABY」などがランクインしている。

中でも、特にSHINeeの「Sherlock」はベスト12位に選ばれており、世界中の音楽ファンを魅了する絶大な人気を見せつけている。Rolling Stoneは「SHINeeの「Sherlock」は、“Clue”と“Note”というまったく別の曲を組み合わせ、新しい楽曲としてリリースした韓国初の“ハイブリッドミックス”曲である。ジャクソン5を連想させる「Sherlock」には、革新的で実験的なK-POPの姿を見ることができる。」と、選定理由を詳しくコメントしている。

「Sherlock」は、リリース当時、これまでに見ない「残像ダンス」と呼ばれるパフォーマンスを取り入れた華麗でキレのある群舞が大人気を得て、SHINeeのカリスマ性を披露した。世界的な振付師トニー・テスタ氏が振付を担当したことでも話題になった。

これら3組の他にも、ソテジワアイドゥル(ソ・テジと子供たち)の「I Know」、INFINITEの「追撃者(The Chaser)」がベスト50にランクインした。

ベスト50には、ジャクソン5、ワン・ダイレクション、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、バックストリート・ボーイズなどが選ばれ、世界トップアーティストたちと肩を並べており、K-POPのグローバルファンも高い関心を示している。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF