東方神起の人気はファンサービス満載のMCにもあり


東方神起

のツアー「

TIME

」の模様が、先日フジテレビで放送された。同ツアーや

a-nation

などの日本でのステージで東方神起が人気を集める理由として、その歌やダンスなどのカリスマ性に注目が集まるが、東方神起のライブのもう1つの魅力は、

ユンホ

チャンミン

の人柄がよく分かるファンサービス満載のMCと言える。

2人は外国人であるにもかかわらず日本語を流暢に話し、ツアー「TIME」では、東方神起が活動を休止した時から再始動までの紆余曲折を語り、順風満帆とは言えなかったなどと、これまでの道のりを自らの言葉で語った。

一方で、毎回日本で流行(はや)っている最新のギャグを用いて、会場とのコミュニケーションをとる。今年は、東進ハイスクールの林先生の「いつやるの?今でしょ!」や、キンタロー。の「フライングゲット」、cowcowのあたりまえ体操などを、ユンホとチャンミンがお茶目にアレンジした。また、ツアー最終日には、大流行中のドラマ『半沢直樹』の決め台詞から、ユンホが「ファンへ感謝と愛情の100倍返し!!」と、ファンに感謝のメッセージ伝えた。

ファンが何万人に増えても、会場が大きくなっても、もまるで目の前で自分だけのために話しかけてくれるかのような優しさと、思いやりあふれる2人のファンサービスにファンは本当にメロメロ。東方神起のライブの魅力を一度知ると何度でも何度でも2人に会いたくなってしまう、そんな魅力が2人にはある。

(写真:オンラインコミュニティ掲示板より)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF