東方神起の東京ドーム公演で少女使いダフ屋行為、暴力団員の男逮捕


東方神起

のコンサートのチケットを、転売目的で無職の少女(19)に買い取らせた疑いで、警視庁生活安全特別捜査隊は、都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、暴力団組員の伊藤例門(れいもん)容疑者(46)を逮捕した。日本の各メディアが報じた。

関連記事:

BIGBANGコンサートでダフ屋摘発、通常価格の7倍以上

報道によると、逮捕の容疑は、東方神起の日本全国ツアー「

東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~

」の東京ドーム公演2日目が行われた4月15日午後2時ごろ、無職の少女=同容疑で現行犯逮捕、家裁送致=に、会場の東京ドーム近くの路上で、「チケット譲ってください」と書いたノートを少女に持たせ、販売価格1枚9500円のチケット2枚を、神奈川県の30代女性社員から2000円で買い取った疑い。

伊藤容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しているが、少女は10回以上同じ行為をしており、アルバイト料として約10万円を受け取ったと供述している。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF