東方神起チャンミン、メンバーが2人になってからのエピソードを告白


東方神起チャンミン、メンバーが2人になってからのエピソードを告白
東方神起チャンミン、メンバーが2人になってからのエピソードを告白

東方神起

チャンミン

がメンバーが5人から2人になった後、たくさんケンカをしたと明かした。

東方神起

は、11日午後に韓国で放送されたMnet『ビートルズコード3D』に出演して、メンバーが5人から2人になった4年前の当時の心境を告白した。

MCに「4年前たくさんケンカしたのか?それともより格別になったか?」と尋ねると

ユンホ

チャンミン

は「両方だ」と答えた。

ユンホ

は「最初はたくさんケンカした。

チャンミン

と僕は180度反対の性格である」とし、

チャンミン

も「5人の中で感じた兄さんと一対一で感じる兄さんは違っていた。相手の全てを受け入れ、理解し、責任を負うということが理解できなかった。だから4年前に本当にたくさんケンカした」とケンカした理由について説明した。

しかし

ユンホ

は「ケンカしながら関係もより厚くなったようだ」と話した。

続いて、

チャンミン

は「本当に些細な事でケンカした。ペットボトルに口を当てて飲むこと、車に乗って靴を履いたまま足を上げたりすることなどだ」とし「我慢を積み重ねていたが、最近では不満あれば遠慮せずにすぐに口にする」と述べた。

また、

チャンミン

は「以前は一度もなかったが、ファンが作った面白い動画を見て、『兄さん、動画が面白かったよ』とからかったりする。そうしたら自然に楽になった」と付け加えた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF