楽童ミュージシャン「Give Love」、MVに旅客船沈没船への哀感の意を込めた「黄色いリボン」が登場


楽童ミュージシャン「Give Love」、MVに旅客船沈没船への哀感の意を込めた「黄色いリボン」が登場
楽童ミュージシャン「Give Love」、MVに旅客船沈没船への哀感の意を込めた「黄色いリボン」が登場

楽童ミュージシャン

の3番目のタイトル曲「Give Love」のミュージックビデオ(MV)に「黄色いリボン」が登場して話題を集めている。

先立って2日、

楽童ミュージシャン

は公式ユーチューブを通じてデビューアルバム『PLAY』のトリプルタイトル曲のうち3番目となる「Give Love」のMVを公開した。

沖縄で撮影された同MVは、先立って公開された1番目のタイトル曲「200%」に続くストーリーで構成され、メンバーのイ・スンヒョンが片思いの男性であるモデルのナム・ジュヒョクとの甘いラブストーリーが実は夢の中の出来事であったり、片思いの相手の彼女が実は彼の妹であったりと、反転の魅力で見る人を楽しませる内容が盛り込まれている。

また、MVのエンディング部分には「Give Love」というタイトルとともに「黄色いリボン」が登場し、楽童ミュージシャンは今回のMVを通じて、旅客船セウォル号沈没事故の犠牲者に哀悼の意を伝えた。MVに盛り込んだことにより、この事故を忘れないという意味でもファンたちから大きな反響を得ている。

これにネットユーザーたちは「楽童ミュージシャン、歌も良いし、意味も良い」「楽童ミュージシャン、心がきれいだ」「エンディングが素晴らしい」「最後のシーンはとても意味がありますね」「ストーリーもエンディングも美しい」などの反応を見せた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF