歌手としてデビュー6年目のZE:Aヒョンシク、俳優として急上昇中!


歌手としてデビュー6年目のZE:Aヒョンシク、俳優として急上昇中!

歌手としてデビュー6年目のZE:Aヒョンシク、俳優として急上昇中!

俳優として視聴者から人気を集めているZE:Aのヒョンシクが、歌手活動歴の長さから遅咲きスター3位にランクインされ、話題を集めている。

7日に韓国で放送されたtvN『名簿公開2015』では、遅咲きのスターたちの名簿が公開され、ヒョンシクが3位にランクインした。バラエティから最近では俳優としても人気を集めているヒョンシク。実際は2010年にデビューした6年目の歌手であり、ZE:Aのメインボーカルだが、大きく注目されなかった。

デビュー当時に出演したトーク番組でメンバーたちは、消極的だったヒョンシクについて「この子が一番頑張っている」「実力がある。隠された面があるのにメンバーとして心が痛い」と述べ、スター性を備えているメンバーであることを話していた。

これにヒョンシクは「僕の時期が来るまで準備する期間なんだと考えている」と明かした。

そんなパク・ヒョンシクが有名になったのは2013年に“赤ちゃん兵士”という愛称を得たMBCバラエティ番組『本物の男(チンチャサナイ)』に出演してからだ。以後広告界でも脚光を浴びる人気スターになり、ミュージカル、ドラマなどに出演し、俳優としての道を歩み始めた。

特にヒョンシクは視聴率40%を超えたKBSドラマ『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』に出演し、「2014年KBS演技大賞」で新人賞とベストカップル賞の2冠に輝いた。その後SBSドラマ『上流社会』では地上波初の主演に抜擢。優れた演技力が証明された。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF