”歌手の夢を捨てろと言われた”G.NA、7年間の練習生時代の苦労を告白


”歌手の夢を捨てろと言われた”G.NA、7年間の練習生時代の苦労を告白
”歌手の夢を捨てろと言われた”G.NA、7年間の練習生時代の苦労を告白

最近新曲「きれいな下着」でカムバックした歌手の

G.NA

が長い練習生活の中で苦労した経験について告白した。

G.NA

は22日に放送されたMBC FM4U『正午の希望曲 キム・シニョンです』にゲスト出演し、「7年間の練習生活が侘しかった」と話し始めた。

G.NA

は「家が韓国ではなかったので侘しかったということもある。病気の時に頼る母もいなく、病院に行けない時も多かった」と打ち明けた。

これにDJのキム・シニョンは、「両親は娘が苦労するのを見たくなくてカナダに来なさいとは言わなかったのか?」と尋ねると、G.NAは「専攻が新聞放送科だった。ニュースアンカーになるために勉強していたが、母が学校終えた後、『歌手はやってみたんだから、未練なく歌手の夢は捨てなさい』と言った」と打ち明けた。

過去に

G.NA

は、2005年にMnetのオーディション番組『バトル神話』に出演したが、現在Secretのメンバーであるヒョソンと共に2007年にデビュー目前で解散してしまった「五少女」というガールズグループの練習生に抜擢された。「五少女」には、AFTERSCHOOLのユイ、Wonder Girlsのユビンなども所属していたが、所属事務所の資金問題で解散を強いられたと伝えられている。

以後JYPエンターテインメントで練習生として過ごしていたが、2008年にCUBEエンターテインメントに練習生として移籍し、2010年にソロデビューを果たした。最近G.NAは練習生時代を共にしたヒョソンとともに同時期にソロでカムバックし、活発な活動を繰り広げている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF