神話キム・ドンワン、「メンバーとテレビ局で物を投げてケンカしたことがある」


神話キム・ドンワン、「メンバーとテレビ局で物を投げてケンカしたことがある」

神話キム・ドンワン、「メンバーとテレビ局で物を投げてケンカしたことがある」

神話のキム・ドンワンがグループの不仲説に言及した。

26日午後に韓国で放送されたSBSラジオパワーFM『キム・チャンリョルのオールドスクール』には、21日にミニアルバム『D』をリリースしてソロでカムバックしたドンワンがゲスト出演し、様々なトークを繰り広げた。

この日、1日DJを務めた歌手のイム・チャンジョンは「神話を見ると本当にすごいと思う。今のメンバーで交代せずに何年もの間共にしたのか?」と尋ねた。これにドンワンは「17年になった」と答えた。

ドンワンは「『Brand New』という曲がSMエンターテインメントを出て最初に出したアルバムである。果たして神話がうまくいくか、いかないかの岐路に立った歌だが、運良くうまくいった」と話した。

続いて「神話がデビューして17年になったが、メンバーが変わらずここまで来ることができたのも、本当に運が良かった」とし「僕たちは不仲説が出ることもない。テレビ局で物を投げて本当にたくさんケンカした。今もたくさんケンカする。ところが、それと共にお互いをより理解できるようになるようだ。仲が良くなくても兄弟は兄弟であるような感じが神話だ」と明かし、目を引いた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF