空白期のウォンビン、次回作はいつ?・・・オリンピックのように4年ごと?


空白期のウォンビン、次回作はいつ?・・・オリンピックのように4年ごと?
空白期のウォンビン、次回作はいつ?・・・オリンピックのように4年ごと?

29日に韓国で放送されたJTBCのトーク番組『ソル戦』では、「引退したような、引退していないような、引退したような演技休業中のトップスター」をテーマに、最近、活動が遠のくトップスターたちについてトークが繰り広げられた。

この日、最も熱いトークが繰り広げられたのはウォンビンであった。ウォンビンは2010年の映画『アジョシ』以降、CMなどには出演しているが、俳優活動はしておらず、ウォンビンの4年間の空白期が議論された。

パク・チユンは「ウォンビンは映画『アジョシ』の後(共演した女優の)キム・セロンが14本の作品に出演したのに対し0本だ」と述べた。

キム・ヒチョルは「ウォンビンは、2010年から現在までCMに出演した会社が14個、40本に出演した」と付け加えた。 キム・グラは「1本当たり6~7億ウォン(約6千万~7千万円)であれば実質的に休息という選択が悪くないようだ」と評した。

続いて、キム・ヒチョルは「ファンたちはあの顔を少しでも見たいと思っている。だから、いつも物足りなさがある」とし、「あんな顔を使わないのは浪費に当たる」と語った。

また、カン・ヨンソクは「ワールドカップやオリンピックのように4年ごとに出ようとするのか」と話して笑いを誘った。

パク・チユンは「ウォンビンがインタビューですぐにではないが、次の作品が明らかにあると言った」と伝え、目を引いた。

ウォンビンが本当に今年は次回作を決め、CMではなく、演技での復帰のニュースが聞けるかどうかにファンの期待が高まっている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF