超新星ソンジェ、左足首の靱帯負傷で全治4週間 日本での活動は予定通り5人で


超新星

ソンジェ

が、新曲の振り付け練習中に左足首の靱帯を負傷し、全治4週間の診断を受けていたことが分かった。

所属事務所によると、ソンジェは18日、8月中に発表予定の新曲の振り付けを練習していた際、左足に痛みを感じたため、病院へ。診断で靱帯を負傷していたことが分かり、現在はギブスをつけての治療中だという。

韓国メディアの報道によると、8月に予定している超新星の韓国カムバックが遅れるなど影響が出る見通しだという。

一方、日本の超新星の公式サイトは20日、ソンジェの怪我のことについて明らかにする一方、本人の強い希望から、日本で予定されている活動は予定通り参加し5人で活動を行うという。しかし、出演予定のイベントでは、怪我を考慮してステージ構成などの再調整を行っているという。

日本の公式サイトでは、「一日も早く完治し、超新星として5人での完璧なパフォーマンスをお見せできるよう回復に努めてまいります。これからも超新星への温かいご声援をよろしくお願いいたします」としている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF