超新星ソンモ側、飲酒運転書類送検ついて公式立場・・・「過ちを深く悔いている」


超新星ソンモ側、飲酒運転書類送検ついて公式立場・・・「過ちを深く悔いている」

超新星ソンモ側、飲酒運転書類送検ついて公式立場・・・「過ちを深く悔いている」

超新星のソンモが飲酒運転の疑いで書類送検されたことと関連し、所属事務所側が公式立場を明かした。

ソンモの所属事務所MAROO企画は7日午後、「今日(7日)午前1時20分頃、当社所属アーティストであるソンモが知人との食事会に参加して、簡単な酒の席を持った後、自分の車を利用して、自宅に帰宅した」とし「夜明けのため道路に車がなく、信号違反をして路地に侵入する際にパトカーの取り締まりに発見されることになり、飲酒運転で摘発された」と明らかにした。

続いて「警察の飲酒測定に応じた結果、血中アルコール濃度0.092%の数値が出た。ソンモ本人は現在帰宅措置された」とし「当社は具体的な事件の経緯を把握中で、警察の調査が終わり次第、正確な内容を再度申し上げたいと思う」と伝えた。

また、「ソンモは現在、自身の過ちを深く悔いており、今後必要な調査がある場合、誠実に警察の調査に臨む予定だ。当社も所属アーティストを適切に管理せず、このような事件が発生したことに深く責任を痛感している」と明らかにした。

最後に、「ソンモを大切に応援してくださる方々に心配とご迷惑をおかけした点、心から謝罪する。今後このようなことが発生しないよう、さらに注意を注ぐ」と謝罪した。

先立ってソウル松坡(ソンパ)警察署は同日、ソンモを道路交通法違反の疑いで書類送検した。警察によると、ソンモはこの日未明、飲酒状態で、ソウル三田洞(サムジョンドン)の道路のUターン禁止エリアでUターンし、警察の停止命令を無視して逃走した疑いで、書類送検された。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF