防弾少年団SUGA、「影響力のある堂々とした人になりたい」


防弾少年団SUGA、「影響力のある堂々とした人になりたい」

防弾少年団SUGA、「影響力のある堂々とした人になりたい」

防弾少年団SUGA、「影響力のある堂々とした人になりたい」

防弾少年団のSUGAがグラビアのインタビューを通じて、歌詞に込めた思いを語った。

SUGAは最近、ファッションマガジン『GRAZIA』を通じてグラビア撮影とインタビューを進行した。撮影現場の関係者によると、今回のグラビアでSUGAは甘いながらもシックな表情を披露。特有のポーズと感性でグラビア撮影をあっという間に終わらせたという。

SUGAは16日、ラッパー“Agust D”として初のミックステープアルバム『Agust D』を無料配信した。同アルバムには音楽を始めた10代の頃から現在までのミュージシャンとしての率直な話が盛り込まれている。

グラビアのインタビューでSUGAは、ラッパー名「Agust D」について、「以前、歌詞に書いた『DT Suga』を逆に配列した。DTはD Town、僕の故郷の大邱(テグ)。意味も良く、歌う時も格好良いし、外部と作業する時はこの名前をずっと使うと思う。そういえばミックステープもAugust(8月)に合わせて出てくるからちょうどいい」と答えたという。

続いて、SUGAは「ヒップホップをベースに、話したいことはすべて入った。『このような歌詞を書いても大丈夫?』と思うほど歌詞が強い部分が多い。とにかく胸の内にある話をしたのですっきりした」と明かした。

また、夢についてSUGAは「メディアは『どのくらい痩せた』を美の基準に掲げ、イシューを集めている。しかし、地球の反対側には食べられずに飢えて死ぬ人々がいる。そちらに関心を持たなければならない。その分、僕が影響力があって堂々とした人になれば、人々の視線をそちらに回すことができないだろうか?」と話したという。

SUGAのグラビアとインタビューは、『GRAZIA』82号で確認することができる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF