26歳の女性が帰宅途中、路上で木の棒で殴られ重傷


2月28日午後8時40分ごろ、千葉県柏市東台本町の市道で、近くに住む団体職員女性(26)が歩いて帰宅する途中、背後から近づいて来た男に木の棒のようなもので、頭や腕などを数回殴られ、右腕の骨を折るなどの重傷を負った。男はそのまま走って逃亡した。

同署によると、男は無言でいきなり女性の後頭部を殴り、その場でうずくまった女性をさらに数発殴ったという。

男は身長165センチくらいで、現場は柏駅に近い約1キロの住宅地で、当時人通りは少なかったという。

被害者の女性は自ら119番通報した。千葉県警柏署が障害事件として行方を追っている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF