2AMジヌン、「高校の時にデビュー・・・1人では何もできなかった」


2AMジヌン、「高校の時にデビュー・・・1人では何もできなかった」
2AMジヌン、「高校の時にデビュー・・・1人では何もできなかった」

2AMのジヌンがこれまでの芸能生活、趣味や近況について明かした。

ファッションマガジン『CeCi』2015年1月号では俳優として活躍を見せているジヌンのグラビアとインタビューが盛り込まれる。

普段から旅行を楽しむジヌンは『CeCi』のグラビアを通じて港町である三陟(サムチョク)旅行記を公開した。三陟を推薦した理由について、ジヌンは「心がそわそわした時に、海に行くのが好きで、親しいドキュメンタリー監督のSNSのプロフィールで三陟の写真を見てすぐに3時間半かけて三陟に行った」とし「波を見ると、心が楽になるようだった。悩みが波に流されていくような感じがした」と答えた。

続いて、ジヌンは「高校生の時に2AMとしてデビューした後、すべてのことをマネージャーと一緒にしていたので、1人でまともにできることが何もなかった」とし「21歳の時にイギリスに初めてバックパック旅行に行ってきてから、少し成長したと思う。その後、音楽を聴きながら、公共交通機関を使ったり、1人で旅する魅力を知るようになった」と打ち明けた。

旅の魅力についてジヌンは「旅行に行くと、人々が珍しいと声をかけてくれる。地方の名物のお店に行くと、テーブルがない時は年配の方と同席する時がある。その後、一緒にいろいろな話を交わして一緒に酒も交わす。心が楽になって、僕も皆で楽しく過ごすことができる」と答えた。

また、ジヌンは「そんな風に心が楽になったのはデビュー4年目の時からだった。MBC『無限に挑戦』の撮影を通じてユ・ジェソク兄さんを見て学んだことも多い」と付け加えた。 ジヌンのグラビアとインタビューは『CeCi』1月号で確認することができる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF