2AMチョグォン、「2AMは僕の音楽人生の始まりと終わり」


2AMチョグォン、「2AMは僕の音楽人生の始まりと終わり」

2AMチョグォン、「2AMは僕の音楽人生の始まりと終わり」

2AMのチョグォンがグループに対する愛情を表した。

15日、ソウル麻浦(マポ)区西江(ソガン)大学メリーホールでチョグォンのニューミニアルバム『横断歩道』のショーケースが行われた。この日チョグォンは、登場と同時に「2AMのチョグォンです」と自己紹介した。

これに対する取材陣の質問にチョグォンは「2AMとチョグォンは一つであると考えている。僕の音楽人生の出発点は2AMであり、音楽を終了する時も2AMで終わると思う」と明らかにした。

続いて「初のソロアルバムを出す時もいつも『2AMのチョグォンです』と挨拶した」とし「僕は8年を練習生として過ごし、その長い時間の後、2AMという贈り物をもらったと考えている」とグループに対する愛情を表した。

また、チョグォンは「2AMメンバー皆、歌が良いと連絡をくれた。ジヌンはショーケースに来ると言ったが、ドラマの撮影のために来られなかった」と伝えた。

同日リリースされたチョグォンの新曲「横断歩道」は、愛と別れの間の不安な感情を横断歩道にたとえた歌で、チョグォンが自分の経験談をもとに作詞した歌だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF