2NE1 CL、米ソロデビューの抱負を語る「日中韓のファンが誇りに思うような人になる」


2NE1 CL、米ソロデビューの抱負を語る「日中韓のファンが誇りに思うような人になる」
2NE1 CL、米ソロデビューの抱負を語る「日中韓のファンが誇りに思うような人になる」

2NE1のCLがアメリカソロデビューを控え、現地メディアとのインタビューを通じて抱負を明らかにした。

CLの所属事務所YGエンターテインメントは18日、米・Complex MagazineとCLのインタビューの内容を公開した。インタビューでCLは「アメリカには多くの韓国人、中国人、そして日本人がいる。しかし、彼らが仰ぎ見るポップアーティストがいない」とし「少し悲しいことである。私は、彼らが誇りに思うような人になりたい」と抱負を述べた。

続いて、CLはアメリカデビューのプロデュースを担当しているスクーター・ブラウンについて「彼は私をアーティストとして認めてくれた」とし「私がしてきたものが好きだと言ってくれた。その点を引き出してバランスをとってほしいと思っていた。PSY(サイ)のように韓国語ですべての曲を歌うのではないが、バランスが良い」と語った。

また、CLは「美しくなったり、セクシーになることに対する拒否感はないが、私にはクールなイメージがある。このようなイメージを持ち続けていきたい」とアメリカでの活動のビジョンを明らかにした。

最後にCLは「最終的に最も重要なことは、良い音楽だと思う。私はルーキーではなくソロ活動をアジアでも長い間してきた。今回のアルバムは、単に新しい市場に進むものと考えている。良い音楽が必要であるし、それに集中している」と話した。

CLはPSYのアメリカ進出を成功的に助けたプロデューサーであるスクーター・ブラウンのSB PROJECTSと契約を締結し、今春アメリカでソロデビューする予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF