2PMのJun. K、日本ソロデビューのティザー映像を公開!(動画)


2PMのJun. K、日本ソロデビューのティザー映像を公開!(動画)
2PMのJun. K、日本ソロデビューのティザー映像を公開!(動画)

2PMの日本公式ユーチューブチャンネルが6日、ティザー映像を公開した。『GENESIS OF 2PM』の大阪公演終了間際、Jun. Kの挨拶シーンから始まる映像には、ファンの歓喜の様子も収められている。

Jun. Kは「みなさん、ありがとうございます!早く大阪に帰ります。ありがとうございます。約束します」と語ってステージを去った瞬間に、会場内が暗転。「NO LOVE」のイントロと映像が流れ始め、ファンの期待が高まっていく。そして、この映像でJun. K(From 2PM)のソロミニアルバム発売とソロジャパンツアー決定が明かされた。

このティザー映像には、「Jun. Kのソロアルバムが待ち遠しい」、「Jun. Kのことでものすごく幸せ!Jun. Kがすばらしい才能を見せるチャンスがやっときて・・・本当に今にも泣きそうな気持ち」、「おめでとう!」など、国内外のファンがコメントを寄せている。5月14日に発売されるJun. K(From 2PM)の日本ソロデビュー盤『LOVE&HATE』の収録曲は未発表だが、完全生産限定盤はすでに予約受付終了となったCDショップが多く、ファンの期待は高い。

この機会に、これまでJun. Kが手がけてきた曲を振り返ってみてはいかがだろうか?2PMのライブには欠かせないバラード「離れていても」をはじめ、ラップの迫力に圧倒される「True Swag」、ゴスペル調の歌い出しが印象的な「ALIVE」、スローR&Bでセクシーな「SO WONDERFUL(ニックンへの提供曲)」、イム・ジョンヒとのデュエット曲「行かないで(ドラマ「ドリームハイ」の挿入歌)」、父に捧げたピアノ弾き語り曲「手紙を書く(DVD『2PM LIVE 2012 Six Beautiful Days 初回生産限定盤』に収録)」、他にも多数ある。

■Jun. Kソロプロジェクト ティーザー

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF