2PMチャンソン、日本でハイタッチ会を終えて「大勢に愛されていると感じた」


2PMチャンソン、日本でハイタッチ会を終えて「大勢に愛されていると感じた」
2PMチャンソン、日本でハイタッチ会を終えて「大勢に愛されていると感じた」

2PMのチャンソンが日本で開催されたハイタッチ会のイベントを終えて、ファンに感想を明らかにした。

2PMは先月31日、大阪・インテックス大阪でニューシングル「Guilty Love」のリリース記念ハイタッチ会を開催した。

チャンソンは同日午後、自身のツイッターを通じて「ハイタチが終わって。。」というタイトルで長文のメッセージを掲載し、ハイタッチの感想やファンに感謝を伝えた。

「ハイタッチをして面白いのはファンの皆さんひとりずつ個性が溢れることが好きです。ある方は照れながら入って出る時キャーキャーする。ある方は入ってから出るまでキャーキャーしてる。ある方はキャーキャーしながら来て出る時照れる。どんなに会いたかったのかと思って気持ち良くなる」という文を掲載した。

続いて、「最後には何度も回って大変そうだったのにでも毎回元気で来る方もいるし、少し間がある時は“お待たせしましたー”て言ってくださる方もいるし、通りながら“(ウチュチュ)よしよし~”と言う方もいます。また、最初から終わるまで一言も言わない方もいるし、ラッパーみたいに言いたい言葉ぜんぶ話そうとする方もいるし、強烈に“好きだよ”と言ってくれる方もいます」とハイタッチ会の感想を伝えた。

最後に「いつも思ってることなんですがこんなに大勢の方から愛されていると感じた時は心がいっぱいになります。いつも感謝してます^^」とファンに愛情溢れるメッセージを残した。

特にチャンソンは韓国語の文の後に、日本語の訳を掲載し、両国のファンに愛情を表して目を引いた。

2PMは先月28日に日本で通算9枚目となるシングル「Guilty Love」をリリースし、発売初日にオリコンデイリーランキングで1位を獲得した。その後、2日間1位をキープし、30日には2位に下がったものの31日に再びトップに立ち、熱い人気を誇っている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF