2PMテギョン、音源買い占め議論に言及・・・「JYPは正直です」


2PMテギョン、音源買い占め議論に言及・・・「JYPは正直です」

2PMテギョン、音源買い占め議論に言及・・・「JYPは正直です」

2PMのテギョンが、音源買い占め議論に関するコメントを発して視線を集めている。

テギョンは23日午後、自身のツイッターを通じて「誰でもやっているのに皆やっていないと言う」というタイトルの記事をリンクし、「僕はちょっとやってみようと言っても会社がしきりにダメだと言う。JYPは正直です(笑)」というコメントを残した。

音源買い占めとは、音楽配信チャートで特定の曲を何度も再生、ダウンロードを繰り返し、ストリーミングや売上げチャートの順位を操作する行為である。ブローカーの一部は中国にサーバーを置き、依頼された特定の歌手の曲の順位を上げる不正行為を行っているという。これに2013年、大手芸能事務所などが集団告発状を提出したこともある。

また、特に韓国で音楽配信チャートが操作される背景には韓国の音楽配信価格が世界で最も安いということも影響しているという。

最近では、今月21日にJTBC『ニュースルーム』で大手芸能事務所が音源買い占めをしているという疑惑を提起し、物議をかもし出した。これにテギョンは自身と事務所の考えを明かして、注目を集めている。

これにネットユーザーたちは「テギョンも正直で好き」「お金は良いことに使いましょう」「正直が一番だね」「JYPも2PMも信じてるよ」などの反応を見せた。

テギョンは最近韓国で放映が終了したKBSドラマ『アッセンブリー』で熱演を繰り広げた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF