2PM JUNHO、「俳優としてはまだ新人、新たなスタートのようで楽しい」


2PM JUNHO、「俳優としてはまだ新人、新たなスタートのようで楽しい」
2PM JUNHO、「俳優としてはまだ新人、新たなスタートのようで楽しい」

2PMのJUNHOがスクリーンデビュー作である映画『二十歳』の制作発表会で歌手と俳優を並行して活動した感想を明らかにした。

JUNHOは12日午前11時、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)CGV狎鴎亭(アックジョン)で開かれた映画『二十歳』(監督:イ・ビョンホン)の制作報告会に出席した。

この日、JUNHOは俳優活動について、「多くの方々が2つを同時並行する活動について『大変ではないか?』と尋ねる」と話し始めた。

続いて、「実際、映画を撮る時2PMの『Go Crazy』の活動が重なったが、周りがたくさん助けてくれた。感謝しているし、体力的に大変だったことはなかった」とし「2PMではデビュー8年目だが、俳優としてはまだ新人である。歌手としてしていたインタビュー、記者会見とはあまりにも違い、緊張した。毎回新たなスタートのようで楽しい」と打ち明けた。

JUNHOが出演する映画『二十歳』は何でもでき、誰でも愛することができる無限の可能性を持つ二十歳を迎えた血気盛んな3人の友人の恋と友情を描いていく作品で、JUNHOは生活力だけが強いドンウ役を引き受けた。同映画は韓国で3月に公開される予定である。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF