2PM JUNHOが新ドラマの役作りのためにしていることとは?


2PM JUNHOが新ドラマの役作りのためにしていることとは?

2PM JUNHOが新ドラマの役作りのためにしていることとは?

韓国の地上波のドラマ初挑戦となる2PMのJUNHOが役作りのためにしていることを明らかにした。

21日午後に韓国で放送されたKBS 2TV『芸能街中継』では25日に初放送される新水木ドラマ『キム課長』の主演陣ナムグン・ミン、ナム・サンミ、JUNHO、キム・ウォンヘのインタビューが放送された。

同ドラマはお金への天性の勘を持つ「ピンハネ専門経理課長」ソンリョン(ナムグン・ミン)が、一獲千金のためにTQグループに必死に入社するが、皮肉なことに不合理と戦いながら、崩れていく会社を生かすオフィスコメディだ。

JUNHOは同ドラマでTQグループの財務理事にスカウトされる冷徹なエリート検事ソ・ユル役を引き受けた。

JUNHOはこの日、役作りのためにしたことについて「1日1食にしている。孤独なキャラクターのために1人で過ごしている。人との接触を断っている」とし「人と会わなくなって性格が悪くなったようだ」と話して笑わせた。

続いて「会食を輝かせる歌は?」という質問に、JUNHOは2PMの「Hands Up」を挙げた。JUNHOは「僕はこの会社の理事ですよ!」と劇中は取締役という立場であるが、自ら歌いながらダンスを踊り、笑いを誘った。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF