BIGBANG T.O.P、懲役10カ月執行猶予2年の判決・・・「ファンを失望させた」


BIGBANG T.O.P、懲役10カ月執行猶予2年の判決・・・「ファンを失望させた」

BIGBANG T.O.P、懲役10カ月執行猶予2年の判決・・・「ファンを失望させた」

BIGBANGのT.O.Pが懲役10カ月、執行猶予2年の判決を宣告された。

20日、韓国のメディアによると、ソウル中央地方裁判所では麻薬類管理に関する法律違反の疑いで在宅起訴されたT.O.Pの第1審宣告公判が行われた。

先立ってT.O.Pは昨年10月、ソウルにある自宅で練習生出身の女性と一緒に大麻を4回吸引した疑いを受け、在宅起訴された。その後今年、6月29日に初公判が開かれ、検察側が懲役10カ月、執行猶予2年を求刑した。

今日(7月20日)行われた第1審宣告公判でT.O.Pは、懲役10カ月、執行猶予2年の判決を宣告された。

裁判所は「麻薬関連犯罪は、個人の肉体と精神を荒廃化させるだけではなく、他の犯罪を誘発することもあるなど、社会全般に重大な悪影響を及ぼす可能性が大きく厳しく処罰する必要がある」と述べたという。

また「被告人は国内外の多くのファンから愛されているが、このような犯行で被告人を信じてきた家族やファンを失望させた」とし「しかし犯行を認めて過ちを反省する点などを考慮した」と説明したという。

T.O.Pも「すべての過ちを認めて判決を受け入れる。二度とこのようなことが起きないよう、人生の教訓にし、新しい気持ちで生きていく」と述べたことが分かった。

執行猶予判決を受けたT.O.Pは、所属地方警察庁の審査を経て、再び義務警察としての服務が適切かどうかの判断受けることになり、不適切判定を受けた場合は社会服務要員や常勤予備役として服務するという。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF