Block B P.O、光復節イベントの衣装がネットで物議に・・・SNSで謝罪


Block B P.O、光復節イベントの衣装がネットで物議に・・・SNSで謝罪

Block B P.O、光復節イベントの衣装がネットで物議に・・・SNSで謝罪

Block BのP.O(ピオ)が、15日に開催された光復節(韓国の独立記念日)のイベントに日本語で書かれた衣装を着てステージに立ち、ネットで物議を醸す中、所属事務所側と本人がSNSで謝罪した。

16日、Block Bの所属事務所セブンシーズンズ側はBlock Bの公式フェイスブックに「15日に開催された「シンバラムフェスティバル」でP.Oが着ていた衣装について申し上げます。光復70年という記念すべきステージであったにもかかわらず、該当衣装を着てステージに立ったことについて国民の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

さらに所属事務所側は「当日は事前にしっかりと衣装のチェックができないままステージに立つことになってしまいました。これは明らかなミスであり、二度とあってはならないことであり、深く反省しております」と当時の状況を説明し、視線を引き付けた。

同日、P.OもBlock Bのツイッターに「昨日のイベントで僕が趣旨と合わない衣装を着てステージに立ってしまい、多くの方々に不快感を抱かせてしまいました。これについて僕の非が最も大きいと思います」とし「どんな言い訳よりも、心から我が国の国民の皆さんに申し訳ないという謝罪の言葉を申し上げたいです。これから衣装などにさらに慎重を期すようにいたします。申し訳ありませんでした」とし、謝罪の意を伝えた。

これに先立ち15日、Block Bはソウルの汝矣島(ヨイド)にある漢江(ハンガン)市民公園で開催された「光復70年シンバラムフェスティバル」に参加した。P.Oは同ステージに日本語で「問題ない」と書かれた衣装を着て登場し、ネットで物議を醸していた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF