CJ E&M側、「事務所と紛争中のB.A.Pと会議、専属契約はない」


CJ E&M側、「事務所と紛争中のB.A.Pと会議、専属契約はない」
CJ E&M側、「事務所と紛争中のB.A.Pと会議、専属契約はない」

所属事務所TSエンターテインメントと専属契約をめぐって紛争中のB.A.Pが最近、CJ E&Mと接触したことが明らかになった。

12日、韓国のメディアはB.A.PがCJ E&Mと最近接触したと報道し、契約をしたのではないかという憶測が広まった。これに同日、CJ E&M音楽事業部側は「B.A.P側から会議の要請があり、最近会議を進行したのは事実だが、専属契約等については考慮していない」と明らかにした。

B.A.Pは昨年11月、TSエンターテインメントを相手に専属契約効力不存在確認訴訟及び不当利得金返還請求訴訟をソウル西部地裁に提起した。

B.A.Pの6人のメンバーは、これまでの収益配分が不公正とし、契約期間が過度に長いと主張した。TS側は、収益分配率と精算内訳、契約期間などをマスコミに公開し、B.A.P側の主張に反論した。

また、B.A.Pには背後勢力があるという有力な情報提供を受けたと主張、「徹底的に把握し、強力な措置をとる」と明らかにした。これにB.A.P側は「背後勢力があるとの虚偽の主張に対しては、名誉棄損など法的措置を検討している」と反論した。

長い紛争の中、メンバーたちは現在SNSを通じてファンにメッセージを伝えたり、音源を公開しており、ファンも早い活動再開を願っている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF