CNBLUE ヨンファは、「おにさん」ジョンヒョンは、「バニさん」!?日本、韓国、台湾、各国ファンによるメンバーの呼び方!?


CNBLUE ヨンファは、「おにさん」ジョンヒョンは、「バニさん」!?日本、韓国、台湾、各国ファンによるメンバーの呼び方!?
CNBLUE ヨンファは、「おにさん」ジョンヒョンは、「バニさん」!?日本、韓国、台湾、各国ファンによるメンバーの呼び方!?

「オッパ!」

韓国では、女性ファンが男性芸能人を呼ぶとき、このように呼ぶ。年上の男性を女性が呼ぶときの呼称なのだが、芸能人に対しては、必ずしもそうではない。芸能人よりも年上の女性ファンも使っている。

CNBLUEの場合も、「ヨンファオッパ、ジョンヒョンオッパ、ミニョクオッパ、ジョンシンオッパ」と呼ばれている。中華圏のファンもこれに倣って、オッパを使う。また名前を呼ぶとき、フルネームで呼ぶのも日本ではあま見られない。リーダーのヨンファがソロ活動時のファンの応援の掛け声は「ジョン・ヨンファ!」だった。

SNSでメンバーに付けた愛称は、日本も台湾も同じで、4人を兄弟に見立てて呼んでいる。ヨンファは、日本では「長男」台湾も同じく「大哥」(長男)、この他、日本公演で年下メンバーのミンヒョクやジョンシンがヨンファを日本語で「お兄さん」と言うのが、「おにさん」としか聞こえないのを真似て「おにさん」と呼ぶ者もいる。ちなみに、台湾では、ジョンヒョンは「二哥」(次男)、ミンヒョクは「小ミンヒョク」、ジョンシンは「シン」と呼ばれている。

日本だけで特異な発展を遂げ、ジョンヒョンは「バニ」「バニさん」の愛称で呼ばれている。これは、CNBLUEがメジャーデビューした当初あった、メンバーひとりひとりのイメージワードから来ている。BLUEの文字を4人に当てはめたもので、B=Burningイ・ジョンヒョン、L= Lovely カン・ミニョク、U= Untouchable イ・ジョンシン、E= Emotional ジョン・ヨンファとされた。ジョンヒョンの「バニ」は、バーニングを短縮したもので、日本人の好きな縮めて呼んで愛情を表すという愛称がすっかり定着している。本人が知っているのかどうかは定かではないが…。

最近、ヨンファがインスタグラムを始めた。そのタグにヨンファ本人が「ヨンスタグラム」と付けたことから、日本ファンはジョンヒョンのインスタグラムを「バニスタグラム」と呼んでいる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF