CNBLUEイ・ジョンシン、生放送中に歌詞をド忘れ


CNBLUEイ・ジョンシン、生放送中に歌詞をド忘れ
CNBLUEイ・ジョンシン、生放送中に歌詞をド忘れ

CNBLUE

イ・ジョンシン

が音楽番組の生放送中に歌詞を忘れたエピソードを公開した。

21日に韓国で放送されたKBSバラエティ番組『家族の品格フルハウス』では、アイドル特集としてアイドルたちの様々な裏事情が公開された。

この日、「アイドル人生の中で最も長かった1分」を述べるコーナーで、

イ・ジョンシン

は『ミュージックバンク』600回特集放送で先輩歌手チョ・ソンモの「誓い」を歌った時に歌詞を忘れたエピソードを挙げ、当時の映像が公開された。

映像の中で

イ・ジョンシン

は歌の途中に歌詞を忘れ、「KBSファイティン」「ミュージックバンク600回おめでとうございます」と叫んでおり、一緒にステージに立っているメンバーたちも笑いをこらえずにいる表情がカメラに収められていた。

イ・ジョンシン

は当時を回想し、「元々歌の歌詞をよく覚えることができない。また、体調も良くなかったし、当日の朝に歌をもらいラップを担当した。リハーサルでもミスをした」と説明した。

続いて、

イ・ジョンシン

は「当時、チョン・ヨンファ兄さんが歌詞を思いだせない時は『ミュージックバンク600回おめでとう』と言えと言った。実際に本番でも間違えてしまった」と述べた。

これにMCのイ・ギョンギュは「ミュージックバンク600回おめでとうは分かるが、KBSファイティンは何だ?KBSの誰にファイティンと言ったのか?社長にか?」と言って出演者たちを爆笑させた。

イ・ジョンシン

は「ミュージックバンクの関係者だ。申し訳ない気持ちでファイティンと言った」とセンスのあるコメントで周囲を笑わせた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF