CNBLUEチョン・ヨンファとパク・シネが再び登場!『オレのことスキでしょ』劇場版、公開決定


CNBLUEチョン・ヨンファとパク・シネが再び登場!『オレのことスキでしょ』劇場版、公開決定
CNBLUEチョン・ヨンファとパク・シネが再び登場!『オレのことスキでしょ』劇場版、公開決定

CNBLUEのチョン・ヨンファと女優パク・シネ主演のドラマが劇場版として、再び登場することになった。

ヨンファの新しいドラマの恋のお相手は、パク・シネ。発表当時、ファンは大騒ぎになった。それもそのはず、ヨンファのデビュー作であるドラマ『美男<イケメン>ですね!』で、ヨンファの報われない恋の片思いの相手だったからで、しかも、今度はシネの方が、ヨンファに片思いだという。この設定だけで、「待ちきれない」感が、満載だったわけだ。

しかも、このドラマはタイトルからしてファンをときめかせた。『オレのことスキでしょ』

というこのタイトルは、どこから来たのか。ステージに立って歌うヨンファのような立場にいるアーティスト達は客席にいるファンを指差しながら、そう思うことがあるらしい。「オレのことスキでしょ」そうやって、自分の気持ちやモチベーションをアップさせる。同時に、そういう気持ちを込めた視線や歌声を受け止めたファンの想いも熱を帯びるのだ。

テーマソングも話題になった。前作の『美男<イケメン>ですね!』では、ヨンファはOSTに収録されている楽曲の中ではA.N.JELLの歌う『約束』のなかでラップのパートを担当している。が、ファン達は納得していなかった。もっと歌って欲しかったのだ。この作品でヨンファが歌うメインテーマの『ノンネゲ パネッソ』は、いまだにCNBLUEのライブのアンコール曲などに頻繁に用いられ、ファンを盛り上げるほどの人気だ。このドラマのタイトルを聞くと、ほとんどの人がこのメロディーが頭を過る。タイトルと楽曲がうまく結びついているので、忘れられない作品になっている。

2012年に東京で開かれたドラマのファンミーティングでのヨンファ演じるイ・シンとパク・シネ演じるイ・ギュウォンの2人と一緒の空間を過ごす機会に続き、今年2014年は、劇場の大スクリーンでまた会うことができる。

3月22日よりシネマート六本木ほかで、期間限定上映が決定した。3月1日より特典付き前売券も発売が開始される。

「俺もステージにあがるときはいつも緊張する」

「シンも?」

「そのたびにどうするか知ってる?」

「知らない」

「観客を見つめて、呪文を唱えるんだ」

「なんて?」

「俺のこと好きでしょ」って。

(ドラマ第10話より)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF