CNBLUE チョン・ヨンファが告白、ドラマ『相続者たち』の出演を断った理由


CNBLUE チョン・ヨンファが告白、ドラマ『相続者たち』の出演を断った理由
CNBLUE チョン・ヨンファが告白、ドラマ『相続者たち』の出演を断った理由

CNBLUEのチョン・ヨンファが、韓国MBCのバラエティー番組『ラジオスター』にゲスト出演し、昨年末のヒットドラマSBS『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えよ~相続者たち』のキャスティングを断った理由について語った。

ヨンファがこのドラマに出ない、と伝えられたのは2013年の日本BOICE(ファン及びファンクラブの総称)のファンミィーティングが東京で開かれた日で、各SNSを使って情報がファン達の間にあっという間に広まった。ヨンファが所属しているFNCエンターティメントの発表によるものだった。

当時は、ワールドツアーも始まったばかりで、前年にヨンファ以外の各メンバーが次々とドラマに出演し、今年は音楽活動を中心に置くとされていたのでドラマのキャスティング自体が驚きだったのだが、それでもヨンファには数多くのオファーがあったようだった。

そのなかでの所属事務所の発表は、「ドラマ製作者側と所属事務所のキャラクターに対する意見の差を縮められなかったことがあり、ドラマ製作会社側もヨンファ側の決定を尊重することにした。ジョン・ヨンファはまず、ワールドツアーをはじめ、下半期に予定されているCNBLUEのアルバム作業に専念する計画だ。また、多くの作品から出演オファーを頂いている状況なので、他の次回作を検討している。近いうちに良い演技をお届けするつもりだ」というものだった。

ヨンファがキャスティングされていたのは、キム・ウビンが演じたヨンド役だった。

同日、同番組でヨンファから語られた説明は、聞いてみれば納得というものだった。ヨンファは同番組で「学生役ということだったので、そうでない役柄のものの方が良かった」とコメントした。これは、ヨンファ出演前作の『オレのことスキでしょ』が、大学生役だったということからだろう。

また、女優パク・シネが先にキャスティングされていたことも影響していたことが伺える。ヨンファは同番組で「立て続けに共演することはお互いに良くないと思った」とも語り、これは、演技者として偏らない方がいいということと、彼女と共演するたびに現れる熱愛報道の意味も示唆したように受け取れる。

ヨンファは続けて、パク・シネと少女時代ソヒョンとのことについても言及し、「つきあっていない」と答えている。

また、MCはヨンファが出演してきたドラマの視聴率が良くなかったことをあげ、『相続者たち』が大ヒットしたことから、「役をおりたことを悔やんでいないか」と問いかけたが、「正式に決まってもいなかったことですから」と笑いながら一蹴した。

CNBLUEは、新曲『Can’t Stop』で韓国内カムバック活動中で、連日各音楽番組で活躍中だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF