CROSS GENE SHIN「元々はTAKUYAがリーダー、プレッシャーのため苦しんでいた」


CROSS GENE SHIN「元々はTAKUYAがリーダー、プレッシャーのため苦しんでいた」

CROSS GENE SHIN「元々はTAKUYAがリーダー、プレッシャーのため苦しんでいた」

CROSS GENEのリーダーであるSHINが、TAKUYAがリーダーだった当時の状況と自身がリーダーとなったいきさつを述べ、話題となっている。

9日に放送されたMBCのバラエティ番組『セバキ』第314回で、アイドルグループの“リーダーVS末っ子”をテーマに巧みなトークが繰り広げられた。

同日の放送で、リーダー代表として出演したSHINはMCのシン・ドンヨプに「日本ですごい人気だというが?」と質問されると「ええ、僕がちょっとすごいんです」と自画自賛してみせ、笑いを誘った。

また、「いろいろな番組に出演しているTAKUYAがリーダーだと思っていた」というシン・ドンヨプにSHINは「デビューした時はTAKUYAがリーダーだった」とし「1stアルバムの活動終了後、TAKUYAの年齢がグループで真ん中だったので間に挟まれサンドウィッチ状態になり、プレッシャーのため苦しんでいた」とし「それで僕がTAKUYAにリーダーはやめていい、僕がやるからと言った」と当時の状況を告白し、視線を引き付けた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF