EXOを離れたタオ、SMエンタとの訴訟に敗訴


EXOを離れたタオ、SMエンタとの訴訟に敗訴

EXOを離れたタオ、SMエンタとの訴訟に敗訴

EXOを離れ中国で活動を繰り広げているタオが、SMエンターテインメント(以下、SMエンタ)との訴訟に敗訴したことが明らかになった。

28日、SMエンタ側は公式報道資料を通じ「4月28日、ソウル中央地裁はタオがSMエンタを相手取り提起した専属契約効力不存在確認訴訟で原告敗訴の判決を言い渡した。それによりタオの請求はすべて棄却された」と明らかにした。

さらにSMエンタ側は「今回の判決をもとに芸能産業全般において契約と信義を守る公正な慣行が早く定着することを願う。韓国と中国及びアジアの芸能産業がより透明に発展することを期待する」と伝え、視線を引き付けた。

これに先立ち2015年8月、タオは所属事務所であるSMエンタを相手取り専属契約効力不存在確認訴訟を提起し、1年8カ月余り法的に争ってきた。タオに先立ちグループから離脱したクリスとルハンもまた専属契約効力不存在確認訴訟を提起したが昨年7月に和解に至り、2人は専属契約が契約通り2022年まで有効に存続することになっている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF