EXOを離れたタオ、SMエンタ側の主張に反論


EXOを離れたタオ、SMエンタ側の主張に反論

EXOを離れたタオ、SMエンタ側の主張に反論

EXOを離れたタオが、SMエンターテインメント(以下、SMエンタ)側の主張に反論する声明を出したことが伝えられ、話題となっている。

6日、中国の主要メディアは、タオ側が5日、中国の所属事務所であるタオ工作室を通じて中国山東省青島(チンタオ)市中級人民裁判所が昨年12月に下した判決に対し反論する声明を出したと報道した。

報道によると、タオ側は「SMエンタ側が発表した声明で事実に符合していない内容があるため事実を明らかにし、タオの名誉を回復させる」と伝えた。

タオ側は「2015年4月はタオがSMエンタを相手取り専属契約解約を提起する前であり、双方は交渉段階にあった。タオはまだSMエンタとEXOを離脱していなかったので、SMエンタが仮払金を支払うことは自発的な行為に属する」とし、「また、SMエンタ側の声明の中で、『タオは弊社の銀行口座を知っていたにもかかわらず、約束した期間内に仮払金を返済しなかった』という内容が事実が異なる」と伝えた。

これに先立ち5日、SMエンタ側は公式報道資料を通じて「昨年10月13日、タオを相手取り提起した仮払金償還請求訴訟について、中国山東省青島市中級人民裁判所はタオが返済の義務に違反しており、SMエンタ側が支払った仮払い金及び遅延利息を返済することを判決した」とタオとの仮払金償還請求訴訟に勝訴したことを明らかにし、今後の動向に注目が集まっていた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF