FTISLAND イ・ホンギ、”韓流スターとしての悩み”を告白


FTISLAND イ・ホンギ、”韓流スターとしての悩み”を告白
FTISLAND イ・ホンギ、”韓流スターとしての悩み”を告白

FTISLANDのイ・ホンギが、TV朝鮮の新しい週末ドラマ『百年の花嫁』(脚本:ペク・ヨンスク、演出:ユン・サンホ、制作:アウラメディア)で男主人公役を演じることで注目を浴びている中、韓流スターとしての悩みを吐露し、視線を引き付けた。

イ・ホンギは2月19日、同ドラマの製作発表会に参加し、「韓国での活動と、日本などの海外での活動にどう取り組んでいくべきか、いつも悩んでいるが、本当に難しい問題だ」とし、「日韓での活動でバランスを取りたいと思う」と述べた。

さらにイ・ホンギは「やはり歌手活動でも演技でも、国内のファンからもっと愛されたいと思っている」とも語った。

こうした中、イ・ホンギが出演するドラマ『百年の花嫁』は、22日に初放送されて以来、多くの視聴者から好評を得ている。

イ・ホンギ演じるチェ・ガンジュは、太陽グループの後継者で、その優れた才能と容姿によりマスコミや大衆から注目されているが、「結婚もビジネスだ」と割り切るクールで寡黙な人物である。

子役出身のイ・ホンギは、これまでも『美男ですね』『のり子、ソウルへ行く』などのドラマや映画『フェニックス~約束の歌』に出演しているが、いずれもアイドルや大学生役で、実際のホンギに近いキャラクターであったことを考えると、今回の御曹司役は新たな挑戦であると、本人も語っている。

太陽グループにかけられた呪いをめぐって繰り広げられる家門の暗闘と、恋人たちの命懸けの愛を描いた『百年の花嫁』は、毎週土・日曜の午後8時から放送されている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF