f(x)エンバ、涙の告白「1人でいるのが嫌い、姉に会いたい」


f(x)エンバ、涙の告白「1人でいるのが嫌い、姉に会いたい」
f(x)エンバ、涙の告白「1人でいるのが嫌い、姉に会いたい」

f(x)のエンバがこれまで隠していた胸の内を告白した。

22日午後に韓国で放送されたMBCバラエティ番組『僕らの日曜の夜-リアル入隊プロジェクト本物の男』では酷寒期遊撃訓練を受ける女性兵士たちの姿が描かれた。 この日、教官から「(綱を使って移動する訓練に)1人で挑戦する者はいるか?」と尋ねられると、エンバは最後まで手を上げず、「1人でいるのが嫌いだ」と答えた。

教官から「なぜ1人でいるのが嫌なのか?」と尋ねられると、エンバは「1人では生きることができないから。助けが必要である。分からないことも多く、課題も沢山すべきなので助けが必要である。不十分な点が多い」と答えて涙を見せ、他のメンバーたちも目を潤ませた。

続いて教官は「候補生は今回の訓練を通じて、自信を持つことができるようになる」とし「最も会いたい人は誰なのか?」と尋ねた。

これにエンバは実の姉と答え、教官から「姉に一言を述べよ」と言われると、エンバは「私はやることができる」と叫び、無事にプールを飛び越えることができた。

制作陣とのインタビューでエンバは「遊撃訓練より環境が大変だった。集中しなければならないのに、姉のことを考え続けた」と明らかにして目を引いた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF