GOT7ジャクソン、「“ワンコン”で認知度が上がったがGOT7は・・・」


GOT7ジャクソン、「“ワンコン”で認知度が上がったがGOT7は・・・」
GOT7ジャクソン、「“ワンコン”で認知度が上がったがGOT7は・・・」

GOT7のジャクソンが『ヒット製造機』出演後に高まった自身の認知度についてのエピソードを公開した。

12日に初放送を控えているMBC every1『ヒョンドニとテジュニのヒット製造機』シーズン2では、4カ月ぶりにBig Bottleが再結成する姿が描かれる。

これまで各自のスケジュールで忙しい時間を過ごしたBig Bottleのメンバーたちはお互いの近況を報告し合った。特に、同番組放送後、バラエティ界の新星として人気急上昇中のジャクソンは「最近はどこへ行っても“ワンコン”として知られている。しかしGOT7はまだ知られていない」と喜びと悲しい心境を同時に伝えたという。

また、Big Bottleで本名のチャ・ハギョンを活用した“ドルベク”という活動名を得たVIXXのエンは「少し前に食堂に行ったらおばさんが知っている、見たと言った。なぜチャドルベギ(牛の霜降り肉の意味)が霜降りを食べずに鴨肉を食べているのかと尋ねられた」と述べて、Big Bottleの人気を実感したという。

 『ヒット製造機』はお笑いタレントのチョン・ヒョンドンと歌手Defconnのプロデューサーチーム勇敢なイダンホランイがジャクソンとエン、VIXXのヒョギとBTOBのユク・ソンジェのユニットBig Bottleをプロデュースする過程を盛り込んだ番組で、韓国で12日午後6時からシーズン2が初放送される予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF