GOT7 Jr.&ジャクソン、『アイドル陸上大会』で負傷・・・高まる番組への不信感


GOT7 Jr.&ジャクソン、『アイドル陸上大会』で負傷・・・高まる番組への不信感
GOT7 Jr.&ジャクソン、『アイドル陸上大会』で負傷・・・高まる番組への不信感

GOT7 Jr.&ジャクソン、『アイドル陸上大会』で負傷・・・高まる番組への不信感, f(x)エンバ、SHINeeのサイン会を襲撃!?, NU'ESTミンヒョン、初ソロ曲は東方神起へ楽曲提供しているあの人から, ニコル、FTISLANDのコンサートに応援へ!, ZE:Aヒョンシク、前の事務所でいじめにあった経験を告白「うつ病になった」

『2015 アイドルスター陸上・バスケットボール・フットサル・アーチェリー選手権大会』が2日間の収録を進行している中、ファンの番組に対する懸念や不安が高まっている。

10日の初日の収録ではGOT7のJr.とジャクソンが負傷したことが明らかになった。現場にいたある放送関係者によると、この日2人は試合中に腕を痛め、ギプスをしたという。これと関連し、所属事務所の関係者は11日、「2人のメンバーの怪我は打撲という診断を受けた。活動を休むほどの大怪我はではない」と明らかにした。

しかし、Jr.とジャクソンは腕にギプスをしたまま海外スケジュールのため同日、金浦(キンポ)空港を通じて出国し、ファンの心配を誘っている。

またこの日の『アイドル陸上大会』の収録ではMAMAMOOのムンビョルが陸上競技のゴールラインで倒れる姿が目撃されたという。ムンビョルは現場で治療を受けて収録を再開し、ファンを安心させた。

毎年相次ぐアイドルらの負傷に「参加させないでほしい」「番組を止めてほしい」というファンの声も上がっているという。また、ファンの不満はほかにもある。12時間近くなる収録時間の厳しい警備の抑制による不快感、トイレもまともに行くことができない、途中退場が難しいなどの不満を表しているという。

しかしアイドルと長時間を共にし、近い距離でコミュニケーションを取ったり、アイドルたちが体育館の床に横たわって休んだり、他のグループと会話をする自由な姿を見ることもできるため、収録現場を訪れるという。

『2015アイドル陸上大会』は来月末の韓国の祝日である秋夕(チュソク)の連休に放送される予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF