JYJユチョン、2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストに


KpopStarzが行った2013年上半期の人気調査第2ステージ「2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストは誰?」で、

JYJ

ユチョン

が計230人のエントリーアーティストの頂点に立った。

米ニューヨークに本社を置くアメリカNo.1のK-POPニュースサイト、KpopStarzは、7月15日から21日(米東部時間)までの1週間にわたり、ファンによる投票形式の人気調査「2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストは誰?」を実施。第1ステージ「2013年上半期に最も世界的に成長したK-POPグループは?」のエントリーグループ40組の各メンバーと、ソロ歌手13人を合わせた計230人のアーティストの中から、2013年上半期のK-POP界を最も代表するアーティストを尋ねた。

この結果、ユチョンが全体票の20.33%を獲得して見事1位に選ばれた。2位と3位には、それぞれ

東方神起

ユンホ

(12.62%)と

チャンミン

(9.4%)が続いたが、ユチョンは2位のユンホに8%弱の差を付けて人気を見せた。

一方、4位は

CNBLUE

チョン・ヨンファ

、5位はJYJの

ジェジュン

、6位は

EXO-K

カイ

、7位は

f(x)

ビクトリア

、8位はJYJの

ジュンス

、9位は

BIGBANG

G-DRAGON

、10位は

EXO-M

ルハン

だった。

TOP10中9人は男性アーティストで、女性アーティストでは唯一ビクトリアが7位と健闘した。また、昨年デビューしたEXOも、EXO-K、EXO-MそれぞれからカイとルハンがTOP10入りし、今後の活躍に期待を持たせる結果となった。

この他、ソロ歌手では

キム・ヒョンジュン

が11位で最高だった。また、グループ別の投票で行われた第1ステージの調査で、4位にランクインした

SUPER JUNIOR

は、メンバーが多く票が分散したためか、メンバー中では

リョウク

が14位で最高で、次はキュヒョンの20位だった。ファンの間で「永遠のマンネ(末っ子)」と親しまれるリョウクと、本当の末っ子でありながら末っ子に見えないため「ブラックマンネ」として親しまれる

キュヒョン

の“ダブルマンネ”がメンバー中ではトップ2を飾った。

女性アーティストでは、

T-ARA

ジヨン

が15位、

ウンジョン

が19位で、f(x)のビクトリア(7位)に続き、昨年のT-ARA騒動による影響が韓国国内では未だにある中、健闘した。

また、第1ステージのグループ別の調査で1位となった東方神起と2位となったJYJは、各メンバーすべてがTOP10入りし、グループとしても、またメンバー個人としても大きな人気があることを示す形となった。

※ KpopStarz2013年上半期人気調査・第1ステージ「2013年上半期に最も世界的に成長したK-POPグループは?

」の結果は

こちら

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF