JYJ ユチョン 「シン・セギョンとのキスシーン、本能的に感じた」


JYJ ユチョン 「シン・セギョンとのキスシーン、本能的に感じた」
JYJ ユチョン 「シン・セギョンとのキスシーン、本能的に感じた」

JYJのユチョンが、女優シン・セギョンとのキスシーンの感想を述べ、話題となっている。

6日に放送されたSBSのバラエティ番組『真夜中のTV芸能』に、SBS水木ドラマ『匂いを見る少女』で熱演を繰り広げているユチョンとシン・セギョンがゲストとして登場した。

同日の放送で、なくしたい感覚は何かという質問にユチョンは「実際になくしたい感覚があるとしたら、眠くなることと、疲労をなくしたい」と答え、笑顔を見せた。

また、ときめくのはどんなシーンかという質問にユチョンは「ラブロマンスのシーンを撮影する時はいつもときめくが、チョリム(シン・セギョン)の家の前で彼女を待っている時が一番ときめく」とし、シン・セギョンは「キスシーンを撮った時、本当にときめいた」と答えた。

レポーターがユチョンに「ユチョンさんは感覚がないチェ・ムガクの役だが、キスシーンでは感じているように見えた」とドラマを見た感想を述べると、ユチョンはやや戸惑いながらも「それは本能だ」とし「好きな気持ちから自然に出てくるものだと思う」と答え、視線を引き付けた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF