JYP側、「TWICEツウィの謝罪映像は事務所からの強要ではない」


JYP側、「TWICEツウィの謝罪映像は事務所からの強要ではない」

JYP側、「TWICEツウィの謝罪映像は事務所からの強要ではない」

TWICEのツウィの謝罪映像が議論になっている中、所属事務所JYPエンターテインメントが事務所からの強要はなかったと公式立場を明らかにした。

JYPは18日午後、公式報道資料を通じて「TWICEのメンバーツウィの立場発表の一部誤解についてJYPエンターテインメントの立場を明らかにする」と公式立場を表した。

JYPは「今回のツウィの立場発表はツウィが未成年者であるため、最初から両親と一緒に相談し、事務所は両親が韓国に来るまで待っていた」とし「一個人の信念は、会社が強要することができても、してはならないことであり、このようなことは全くなかった」と明らかにした。

またJYPは「ツウィの両親が韓国に来て、ツウィと一緒に相談した上で最終的な決定を下し、立場発表を行った」とし「ツウィは継続して一生懸命に活動しているだけに、ツウィと彼女の両親はこのことが早く落ち着くように願う気持ちで、ツウィを応援するようにお願いするとおっしゃった」と伝えた。

先立ってツウィはMBC『マイ・リトル・テレビジョン』に台湾の国旗を持って出演した。これに台湾出身の作曲家黄安がツウィを「台湾独立を支持している」と非難して議論が大きくなった。

これにツウィは映像を通じて謝罪したが、台湾側からは「謝罪の必要はなかった」という声が上がっており、議論になった。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF