KARAの日本のファンが署名活動を実施


KARAの日本のファンが署名活動を実施
KARAの日本のファンが署名活動を実施

KARA

の日本ツアーの会場で日本のファンが署名運動を実施していることが話題になっている。

▲ KARA

8日から横浜アリーナを皮切りに開催されている「KARA 2nd JAPAN TOUR KARASIA」の会場で、先日脱退騒動があった

ニコル

に関して、KARAのファンが、ニコルがKARAのメンバーとしてずっと残って欲しいという願いを込めて、「

DSP

(所属事務所)は、ニコルがKARAの活動を持続できるようにして下さい」という内容の署名活動を自発的に行った。

▲ 横浜アリーナ会場で行われた署名活動

署名活動は、リレー方式で初日の横浜からマリンメッセ福岡、大阪城ホール、名古屋日本ガイシホール、サンドーム福井、さいたまアリーナ、神戸ワールド記念ホールの計7都市14公演で約12万人動員される会場で行なわれ、コンサートが終了後に全部の署名を集め、KARAの所属事務所DSPメディアに渡すという。

そんなニコルは現在の所属事務所と再契約はしないが、KARAとして活動したいという意志を示している。

しかし同じDSPメディア所属から2005年にデビューした

SS501

は、2010年に満期終了後、SS501の活動を最優先するという条件でメンバー各自の異なる所属事務所に移籍しているが(5人中2人は同じ事務所)、移籍後はSS501の活動は休止状態にあるため、ニコルが移籍した場合、KARAの活動も同じような状態になるのではないかと心配されてる。

▲ 活動停止中のSS501

一方、このようにグループのメンバーが各芸能事務所に所属し活動するという形式は、日本では

AKB48

がそれに当たる。

韓国のネット上では、「ファン達は素敵だね」「KARAは韓国でも人気がある。ニコルが直接脱退という話をしたことないと言っているし、KARAの活動も継続すると思うよ」「署名運動まですることなのか?」「なぜ再契約をしないのかな? お金の問題?」「神話もアンディが脱退したけど帰ってきたよ」など様々な意見があるようだ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF