KARA ニコル、バラエティ恐怖症を明かす


KARA

ニコル

が、バラエティ番組恐怖症であったことを明かした。

ニコルは、21日に放送された韓国KBS 2『トークショー!Do Dream』で、バラエティ番組で話すのが苦手であったことを話した。

アメリカ生まれのニコルは「韓国語にまだ自信がなかったので、バラエティで話すのが怖かったんです。しかし、2年前から日本で活動を始めて、日本語はもっと話せなかったので、韓国語以上の恐怖心を感じました」と語った。 

また、「私はいつも、何か間違った事を言ってしまうのではないか、番組の流れを邪魔してしまうのではないか、他の人に通じないのではないかと、ドキドキしていました。だから、なるべく口数を少なくしています」と明かした。

ニコルの恐怖心を聞いた同番組MCは、「そんなの気にしなくていいと思いますよ。日本から来た私の知人は、ニコルの日本語はとても上手だと話していましたよ。それに、もし間違えても可愛いから大丈夫」と返した。

(写真:KBS)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF