MBLAQ所属事務所側、「来年3人でニューアルバムをリリースする予定」


MBLAQ所属事務所側、「来年3人でニューアルバムをリリースする予定」
MBLAQ所属事務所側、「来年3人でニューアルバムをリリースする予定」

MBLAQのメンバーのイ・ジュンとチョンドゥンがグループとしての活動を終了したことを発表した中、所属事務所J.Tune Camp側が今後のMBLAQの活動計画について公式立場を明らかにした。

J.Tune Campは16日、「はじめに、突然の報道によってファンの皆さんに混乱とご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。会社はこれまでイ・ジュン、チョンドゥンと再契約議論の過程を経て、メンバーらと会社との間で長い論議の末、彼らの意見を尊重し、各自の道を行くことにしました」と明らかにした。

続いて「2人のメンバーは俳優とミュージシャンに専念したいという意思を伝えてきた。これから良い環境で夢を広げることができることを心から願っている」と付け加えた。

また、今後のMBLAQの活動について「2人のメンバーのグループ活動終了とは無関係に、MBLAQは今後も維持される。今後、MBLAQは来年上半期に3人組でアルバムを発表する計画であり、ソロアルバム、および個々の活動も並行する予定だ」と説明した。

同日午前、メンバーのイ・ジュンとチョンドゥンは、法律代理人を通じて11月末のMBLAQの単独コンサート「2014 MBLAQ CURTAIN CALL」を最後に専属契約を終了し、グループとしての活動も終了するという公式立場を伝えた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF