MONSTA Xキヒョン、デビューショーケースで告白「申し訳ない感情が残っていた」


MONSTA Xキヒョン、デビューショーケースで告白「申し訳ない感情が残っていた」
MONSTA Xキヒョン、デビューショーケースで告白「申し訳ない感情が残っていた」

MONSTA Xのキヒョンがデビューショーケースで過去の辛い胸の内を告白した。

MONSTA Xは13日、ソウル麻浦(マポ)区ロッテカードアートセンターでデビューショーケースを開催し、サバイバル番組『No.MERCY』で経験したエピソードを明かした。

この日、メンバーのキヒョンは「他のグループとは異なり、『No.MERCY』を通じてデビュー前から放送経験や態度を学ぶことができた」と明らかにした。 続いて「最も苦労した点は、2年ほど一緒に練習した友人が一緒に競争をしながら落としたというのが、心の片隅に残っている。終わってしばらくの間、申し訳ない感情が残っていた」と明らかにした。

一方、目標についてメンバーたちは「1位や高い位置に上がることよりも、MONSTA Xを知ってもらうことが目標だ」とし「一生に一度しかもらうことができない新人賞をぜひもらいたい」と明らかにした。

MONSTA Xは14日、7曲が収録されたデビューアルバム『TRESPASS』をリリースする。タイトル曲「無断侵入」は、BRANDNEW MUSICの代表であるラッパーRhymerがプロデューサーとして参加した曲で挑戦的な生き方を歌ったヒップホップナンバーである。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF