SBS、MBCの番組ディレクターがファヨン擁護発言


SBSとMBCの番組ディレクターが、

T-ARA

を脱退した

ファヨン

を擁護する発言をし話題となっている。

30日午後、T-ARAの所属事務所はファヨンの脱退を発表した。その後、SBSのリュ・チョルミン番組ディレクターはツイッターで「あぁ、ファヨン。今後はT-ARAとは(番組の)交渉はしないからね」とコメント。これに、MBCのイ・サンヨプ番組ディレクターも「では、僕も」と同調した。

リュ・チョルミン番組ディレクターのツイートは現在削除されているが、ツイートのキャプチャー画像がネットで流れ、関心を集めている。

ネットでは、番組の責任者が安易に判断するべきではないという批判のコメントも出ている。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF